Make

【インテグレート】スナイプジェルライナーを使ってみた!描きやすく、柔らかいおすすめジェルライナー!

大好きなジェルライナー。

今回は、昔から常に常備してある、お気に入りのジェルライナー

「資生堂 インテグレート スナイプジェルライナー」

正直すごく気に入って使うのが楽しい!!とうよりは使いやすいのでいつの間にか使ってなくなって、ないと不便でまた買っているという感じ。

それだけ描きやすいと感じているということでしょうか。

【インテグレート】スナイプジェルライナーって?

色味2色 ¥918(税込) カートリッジ付 ¥1026(税込)

肌に触れた瞬間とろけるリキッドジェルが2mmの極細ペンシルに。
まつ毛のすき間の埋め込みやはねあげなどの繊細なラインも簡単・自在に描くことができます。

(引用:資生堂 Watashi+より)

商品の特徴は?

古いケースに詰め替えています。

繰り出してみるとこんな感じです。

肌に触れると溶けるようになじんで、痛さなくスルスル書くことができます。

2mmの太さは、個人的には1番描きやすい太さでした。何回も書き足したり、太すぎて困ることもなく描きやすい。

この滑らかさとツヤも好きなポイントです。

色味は?

ブラウンとブラックの2色。愛用しているのはブラウンです。

ブラウンというより、柔らかめの黒といった感じ。黒はよりツヤのある漆黒のカラーです。

個人的には色バリエがもう少し欲しい。明るめのブラウンが欲しいです。

【インテグレート】スナイプジェルライナーを使用してみて

使用している理由は、

  • 太さがちょうどいい
  • 無難なカラーで何にでも合わせやすい
  • ずっと痛みなく滑らかにかける

もっと細めが好きな方もいると思うので、そんな方はケイトやキャンメイクの極細ライナーがおすすめです。

その極細アイライナーでは幅作るのが大変!という方には絶妙な太さではないでしょうか。

色味ももう少し明るめ欲しいと言いつつ、かなり無難な使いやすいカラーでおすすめです。

ウォータープルーフタイプで、こすってみても全然取れない・・・。最近のアイライナーは本当に取れにくいものが多いですね。

ただ、インサイドラインに使用した時に、フェイスパウダーを少なめにすると目の下にうつりやすいです。脂には弱いのかもしれません。

この滑らかさは1番の愛用の理由で、本当に肌に乗せるとスルスルかけます。

痛みもなく色味も綺麗に発色して、平均的にすごくいいアイライナーだと思っています。

【インテグレート】スナイプジェルライナーまとめ

無難に描きやすいジェルライナーならこれがおすすめです。レフィルがあるのも嬉しいポイント。

シャドウタッチのディズニーのタイプも限定で出たりしているので、カラーライナーお探しの方はそれを狙うのもオススメです。